おすすめセレクション

2009年09月05日

ミランが闘莉王どり

イタリアの名門ACミランが、オランダ戦で先発する日本代表DF田中マルクス闘莉王(28)=浦和=の獲得に乗り出していることが4日、明らかになった。セリエAの強豪はスカウトを派遣するなど闘将を高く評価し、正式オファー寸前だったことも発覚。来年1月に浦和との契約が切れてフリーとなる日本の大黒柱が、移籍市場の目玉となる。

 岡田ジャパンの最終ラインを引き締める闘将が、運命のオランダ戦で本家・赤い悪魔から熱視線を受ける。

 オランダ協会幹部によると、4日午後段階で、決戦の舞台となるトゥヴェンテスタディオンは欧州強豪7クラブからの視察申請が届く大見本市となり、中でもイタリアの強豪ACミランが闘莉王獲得に乗り出していることが発覚した。


posted by さんた at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
FC2ライブ
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。